楽しみながら学ぶアロマの学校

香りの成分

アロマ(エッセンシャル)オイルは「植物から作られている」というのなんとなく理解していると思いますが、ではいったいどうやって作られているか解りますでしょうか?

アロマ(エッセンシャル)オイルは花や葉の成分を抽出して作られています。

花や葉を形作っている細胞の中の分子を蒸留や圧搾といった方法で取り出しています。

細胞の中の分子を囲んでいる壁を熱や圧で壊され、中にある香りの成分を取り出す事が出来ます。

アロマ(エッセンシャル)オイルは香りの成分=植物のエッセンスを取り出したものだという事が解ると思います。

そこには色々な情報が含まれていることが理解できると思います。

「香り」として捉えると曖昧なものも、植物を構成する分子と捉えることで、そこに含まれる膨大な情報が含まれていると思うと夢が広がります。

アロマテラピーが世紀を越えて残っているのは、香りが単なる癒しとしての存在ではなく、その中に含まれる叡智に触れているからと思うと古代から現在まで続いている理由がよくわかります。

PAGE TOP